ページ内を移動するためのリンクです

環境への取り組み

黒田精工株式会社およびその子会社で構成する黒田精工グループは、環境保全を経営上の最重要課題の一つと位置づけ、企業としての責任において環境問題に取り組んでおります。企業活動において省資源、省エネルギー、廃棄物の削減等をめざすとともに、お客様へ提供させていただく製品につきましても環境負荷を低減すべく、努めてまいります。

環境理念

クロダグループは、経営理念であるP&P(Precision & Productivity)をベースに、経営の最重要課題として積極的かつ継続的に環境保全に取り組みます。そして企業活動を通じて豊かな自然を守り、貴重な資源を大切にします。

基本方針

  1. 1.私たちは、この環境方針を定めるとともに、環境マネジメントの継続的な改善を図ります。
  2. 2.環境への負荷の少ない製品を供給するために、製品の企画から設計・製造・流通・販売・使用・廃棄に至る全ての事業活動の過程において環境への影響に配慮します。
  3. 3.環境に関連する法規制および地域の要求する事項を遵守することはもちろん、環境汚染の予防と継続的な環境負荷の低減に努めるとともに、必要な技術を開発することで効果的な環境の保全に努めます。
  4. 4.限りある地球の資源を活用し事業を行っていることを認識し、地球温暖化を抑制し、貴重な天然資源を次世代に引き継ぐため、日常の活動の中で「省エネルギー・省資源」および「廃棄物の削減」に積極的に取り組みます。
  5. 5.全従業員に環境教育、社内広報活動等を通して環境方針ならびに地球環境保全の大切さを周知させ、環境保全のための啓発活動を推進します。
  6. 6.環境方針の達成のために目的・目標を設定し、計画的に活動するとともに、活動内容を定期的に見直し、継続的に改善を進めます。
  7. 7.この環境方針は、一般の方が入手できるよう公開します。

黒田精工株式会社
代表取締役社長
黒田浩史

ISO14001認証取得

富津サイト
(旭、かずさ工場含む)

長野サイト

国内工場におけるCO2排出量削減目標の設定について

黒田精工株式会社(神奈川県川崎市)はScope1,2※1の温室効果ガス排出量削減のため、国内4工場※2におけるCO2排出量削減に取り組むこととし、その中長期目標を以下のとおり設定いたしました。

(基準年度:2018年度)

  2030年度目標:基準年度に対し29%削減

  2050年度目標:基準年度に対し80%削減

2030年度目標達成に向けて

  1. 1.省エネの実施
     2018年~2019年にかけて国内4工場で一般財団法人 省エネルギーセンターの省エネ診断/節電診断を受診した結果、設備投資や運用改善によるCO2排出量削減ポテンシャルは約5.7%でした。当社では2020年度からの10年間に、診断で提案のあった省エネ施策を順次実施してまいります。
  2. 2.再生可能エネルギーの導入
     かずさアカデミア工場の屋根にPPAモデル※3による太陽光発電システムを導入する計画です。これにより当該工場で使用する電力量の約12%を賄い、全体のCO2排出量を3.4%削減できる見込みです。また、富津工場への導入可否も今後検討します。
  3. 3.系統電力CO2排出係数の2030年度目標の織り込み
     政府が示す長期エネルギー需給見通しの実現に向けて電力業界が2015年7月に設定したCO2排出係数2030年度目標=0.37kg-CO2/kWh※4を勘案し、19.8%の削減を見込んでいます。

2050年度目標達成に向けて

2030年度以降も引き続き省エネ施策を継続し、加えて経済合理性のある調達価格で購入できる環境になっていることを前提としてカーボンフリー電力への切り替えや、社用車として当社製のモーターコアを搭載したEVを採用するなど、新たな施策を積極的に進めてまいります。

※1.Scope1:自社での燃料の使用による温室効果ガスの直接排出

  Scope2:自社が購入した電力の使用による温室効果ガスの間接排出

※2 富津工場、かずさアカデミア工場、旭工場、長野工場

※3 「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略。PPA事業者が電力需要家の屋根等のスペースに太陽光発電システムを設置し、そこで発電した電力を電力需要家に販売するモデル

※4 電気事業連合会HPを参照

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

技術本部 技術管理センター

TEL
044-555-3862
ページ上部へ

ページの終わりです