KURODA
黒田精工株式会社
採用案内トップページ
KURODAホームページへ
採用に関するのQ&A お問い合わせ
会社について 仕事について 採用募集について
社長メッセージ KURODAの過去・未来 KURODAの匠技 KURODAのマインド 社員のひとこと キーワードで見るKURODA

KURODAのマインド

記事一覧へもどる


写真:現在の平面研削盤
写真:自社開発当時

必要は発明の母である-のことわざ通り、黒田精工の歴史の中で「必要やむなく生まれてきた」製品がある。1952年(昭和27年)ごろから長野工場で始まったモータコア用金型の製作で最も必要とされた工作機械は、平面研削盤だった。
当時、放電加工機などが未発達な状況のなか、砥石(といし)に形状を与えるためのドレッサを使って形状研削する技術が誕生していた。スプラインゲージの技術から発展した「分割型」にとって、その合わせ目精度の要求は非常に高かった。
こうした技術に対応するため、黒田精工では国内メーカーの平面研削盤を使っていた。が、ゲージ技術で鍛えられた「精密加工の黒田技術陣」にとって、それらの機械は必ずしも納得のいくものではなかった。「もう少し精度が高く、使い易いものを製作できないだろうか」-こう思い立った技術者がいた。当時の長野工場長、伊藤勲である。伊藤の思いは、技術者、現場すべての思いだった。やがて、「ないものは自分たちの手で造るより仕方がない」。こんなかけ声のもと、開発が決まった。
これまで使っていた国産平面研削盤を「手本」に、主軸軸受けを動的油圧によるマッケンゼン式にし、テーブル往復動を右手ハンドルとするなど数々の改良を加え、53年に完成させた。その後も改良を加え、やがて工場内は「自社製平面研削盤」で占められるようになった。これら工作機械が金型の増産に寄与したことは言うまでもない。

こんな“産業情勢”のなか、長野工場を訪れる顧客の間から「おたくの平面研削盤を譲ってもらえないだろうか」との声が多数寄せられるようになり63年に「黒田製平面研削盤」が市場で販売されることになる。
以後、黒田精工では「工作機械事業部」を設け、平面研削盤の製品シリーズ化に努めた。64年には、当時珍しかった油圧駆動の平面研削盤を発表。数々の難問を乗り超えて、工作機械開発の基礎を作りあげた。
また、70年ごろから進んだ工作機械のNC化にも対応。92年には、工作物の自動搬出入、自動測定、自動ドレッシングを含む無人化指向のNC研削盤「GS-825」を発表した。このほか、電解インプロセスドレッシングの導入など、やがて主力製品に成長することになるポリシングマシンや超精密研削機への対応と、技術開発は進んでいった。
2006年JIMTOF(日本国際工作機械見本市)では「精密研削加工の職人になれる機械」をコンセプトに開発した成形平面研削盤「新世代職人」GS-45seriesが多くの脚光をあびた。

こちらの記事は、1996年2月から同年8月にわたり日本工業新聞に連載されたものに加筆したのです。

黒田精工 開発秘話 Vol.3 金型で"抜き製品"を自動組み立て 黒田精工 開発秘話 Vol.5 世界初の機械に"挑戦

記事一覧へもどる

ページの先頭へもどる
採用に関するお問い合わせ 個人情報保護への取り組み サイトマップ