ページ内を移動するためのリンクです

ハイドロリックツール

振れ精度「1μm」の高精度把持。
卓越したクランプ精度で成形加工から検査まで様々な用途に対応

ハイドロリックツールとは、静的油圧により薄肉円筒部の金属変形(弾性変形)を利用しワーク(製品・工具等)を把持する治具です。
「パスカルの原理」を利用して小さな力を加えて大きな力を発生させるため、金属でも風船のように膨らみます。
薄い金属の円筒部に生ずる弾性変形を利用し膨張させ、ワークに力を伝達把持します。
ハイドロリックツールには、
・穴形状ワークを対象とした外径が膨張する「ハイドロリック・マンドレル」
・軸形状ワークを対象とした内径が収縮する「ハイドロリック・チャック」  の2タイプがあります。

データダウンロード

特徴

高い振れ精度と繰り返し精度

ワークに接触する金属円筒部が面であることから平均した全面接触が可能であり、また、パスカルの原理によりワークに均一に把持力が伝達されます。

レンチ1本の操作で「誰でも簡単に」高精度クランプ

操作ねじをレンチ1本で回すだけで、誰でも簡単に安定した高精度クランプを実現。熟練作業が要求される工程においても作業者への負担が軽減されるため、訓練への時間とコスト低減が可能です。

加工から測定・計測まで様々な用途に適用

旋盤、フライス、マシニング、複合機等の成形加工から円筒研削、内面研削、ホーニング等の仕上げ加工、組立治具、検査治具としてもお使いいただけます。

オーダーメイドで用途に合わせた仕様・形状

対象ワーク・主要用途に合わせた一品一様の受注生産です。
また、アフターサービス体制も備えており、加工等での高い着脱頻度による精度の劣化や摩耗が発生した場合は、修理対応を致しますので繰り返しの使用が可能です。ご相談ください。

外観形状

ハイドロリックツール構造

性能・仕様

ハイドロリックツールの仕様
ハイドロリックツールの膨張または収縮量関係グラフ

使用例

成形加工

HT_use_001.gif
  • マシニングセンタ
  • NC旋盤
  • 特殊/専用機等

でのワーク位置決め、精密チャッキング、歪みの少ないワーククランプなど

研削加工

使用例_研削加工
  • 円筒研削
  • 内面研削
  • 平面研削等

でのワーク位置決め、精密チャッキング、歪みの少ないワーククランプなど

検査・測定

ハイドロリックツール使用例_検査・測定
  • センター定盤
  • 歯車測定器等

個人差のない精密な測定

ページ上部へ

ページの終わりです